医学書院ライブラリー プリペイドログイン 法人ログイン
初めての方へご利用方法についてお問い合わせ

MJ-Finder~医学・看護雑誌のペイパービューサービス~
ご利用ガイド
より詳しい検索 PDF再閲覧 利用規約

BRAIN and NERVE ISSN 1881-6096 (Print) ISSN 1344-8129 (Online) 64巻12号(2012.12)P.1405-1410(ISID:1416101366)

特集 The Border-Land of Dementia
薬剤による認知機能障害

篠原 もえ子 1
山田 正仁 1

※1 金沢大学大学院医薬保健学総合研究科脳老化・神経病態学(神経内科)

【キーワード】 drug-induced dementia,drug-induced delirium,anticholinergic toxicity


はじめに
 多数の薬剤が認知機能障害の原因となる。特に高齢者では,肝機能,腎機能が低下していることが多く,薬剤性の認知症やせん妄などの認知機能障害をきたしやすい。また,認知症,脳卒中およびパーキンソン病などの神経疾患は薬剤誘発性の認知機能障害の閾値を下げる。本稿では薬剤による認知機能障害について概説する。


Bitwayの閉鎖にともない、
PPV(ペイ・パー・ビュー)サービスはしばらくの間、
別の方法で対応させていただきます。
こちらからお申込みください。


英文概要表示/English

プリペイドログイン
プリペイド契約の方はこちら

法人ログイン
法人契約の方はこちら

掲載号へ
【推奨環境】ブラウザ:IE6以降 
論文1件閲覧するに当たり,価格: 1,200円(税抜)がかかります。
Copyright Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.