医学書院ライブラリー プリペイドログイン 法人ログイン
初めての方へご利用方法についてお問い合わせ

MJ-Finder~医学・看護雑誌のペイパービューサービス~
ご利用ガイド
より詳しい検索 PDF再閲覧 利用規約

生体の科学 ISSN 0370-9531 (Print) ISSN 1883-5503 (Online) 59巻5号(2008.10)P.434-435(ISID:2425100547)

特集 現代医学・生物学の仮説・学説2008
5.神経科学
条件反射

久我 奈穂子 1
池谷 裕二 1

※1 東京大学大学院薬学系研究科薬品作用学教室


 肉片を見せられたイヌは唾液を分泌するが,これに先行してベルを聞かせると,やがてベルの刺激だけで唾液を出すようになる―「Pavlovの条件反射」はとりわけ人口に膾炙した生理現象の一つである。ある特定の応答反射(unconditioned response;UR)を無条件に引き起こすことができる刺激(unconditioned stimulus;US)に先行し,それ自体では生理的な反応を引き起こすことはないニュートラルな刺激(conditioned stimulus;CS)を与え,CS-USをペアとして繰り返し提示することで,CSを与えるだけでURに類似した条件応答(conditioned response;CR)が引き起こされるようになる。これを古典的条件付けといい,連合学習の基本的な形態である。
 古典的条件付けの一つである瞬目反射条件付け(eyeblink conditioning)では,CSとして音や光,USとして角膜へのair puffや眼輪筋への電気刺激を用いる。初めはCSに無反応でUSを与えた時のみまぶたを閉じる(瞬目する)が,CSとUSを時間的に近接させ繰り返し提示すると,CSの提示のみで条件反射(CR)としてまぶたを閉じるようになる。学習にはUSに対するCSの先行が必須で,CSとUSの時間間隔が不適切な場合にも学習は困難となる。また,CSとUSの時間間隔を変えるとCR発現のタイミングも変化することから,被験動物(あるいは被験者)はCSとUSの因果関係と共に,時間間隔も学習しているといえる。


Bitwayの閉鎖にともない、
PPV(ペイ・パー・ビュー)サービスはしばらくの間、
別の方法で対応させていただきます。
こちらからお申込みください。



プリペイドログイン
プリペイド契約の方はこちら

法人ログイン
法人契約の方はこちら

掲載号へ
【推奨環境】ブラウザ:IE6以降 
論文1件閲覧するに当たり,価格: 1,200円(税抜)がかかります。
Copyright Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.