医学書院ライブラリー プリペイドログイン 法人ログイン
初めての方へご利用方法についてお問い合わせ

MJ-Finder~医学・看護雑誌のペイパービューサービス~
ご利用ガイド
より詳しい検索 PDF再閲覧 利用規約

理学療法ジャーナル ISSN 0915-0552 (Print) ISSN 1882-1359 (Online) 41巻1号(2007.01)P.65-65(ISID:1551100636)

1ページ講座 理学療法関連用語~正しい意味がわかりますか?
痙縮・痙性

菅原 憲一 1

※1 神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部リハビリテーション学科理学療法学専攻


 痙縮は脳血管障害や脊髄損傷等の上位運動ニューロン障害によって生じる運動障害の1つである.

●痙縮の臨床像
 痙縮は筋トーヌスおよび相動性筋伸張反射(phasic stretch reflex)の病的亢進を主とする病態である.筋トーヌスとは安静時の筋の硬さ(stiffness),伸展性(extensibility),被動性(passivity)を安静時,姿勢時,起立時,動作時の各状態で観察するものである1).筋トーヌスの異常は低下と亢進に分けられ,亢進に分類されるのが痙縮(spasticity),固縮(rigidity),さらにその両者の性質をもつ強剛痙縮(rigidospasticity)となる.痙縮の特徴は「関節を他動的に動かすと筋が硬く,被動性が減弱している.さらに筋を受動的に急速に伸展する際,はじめに抵抗があるが,伸展に伴って急速に抵抗がなくなる(折りたたみナイフ現象)」というものであり,速度依存性に筋の抵抗および腱反射が亢進した状態をいう.固縮は可動中の速度に依存することなく一定の抵抗がある状態をいう.痙縮,固縮は同じ筋トーヌスの亢進であるが,各々の機序は異なる.


Bitwayの閉鎖にともない、
PPV(ペイ・パー・ビュー)サービスはしばらくの間、
別の方法で対応させていただきます。
こちらからお申込みください。



プリペイドログイン
プリペイド契約の方はこちら

法人ログイン
法人契約の方はこちら

掲載号へ
【推奨環境】ブラウザ:IE6以降 
論文1件閲覧するに当たり,価格: 1,200円(税抜)がかかります。
Copyright Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.