医学書院ライブラリー プリペイドログイン 法人ログイン
初めての方へご利用方法についてお問い合わせ

MJ-Finder~医学・看護雑誌のペイパービューサービス~
ご利用ガイド
より詳しい検索 PDF再閲覧 利用規約

臨床眼科 ISSN 0370-5579 (Print) ISSN 1882-1308 (Online) 64巻4号(2010.04)P.441-444(ISID:1410103130)

特集 第63回日本臨床眼科学会講演集(2)
原著
開眼手術を目的としたネパールとインドでの眼科医療活動の比較

浅野 宏規 1,2
籠谷 保明 1,3
岡田 明 1,4
柏瀬 光寿 1,5
池田 欣史 1,6
松本 英樹 1,7
黒田 真一郎 1,8
飽浦 淳介 1,9

※1 アジア眼科医療協力会
※2 なめがた地域総合病院眼科
※3 小野市民病院眼科
※4 公立甲賀病院眼科
※5 柏瀬眼科
※6 鳥取大学附属病院眼科
※7 眼科松本クリニック
※8 永田眼科
※9 串本リハビリテーションセンター眼科


要約 背景:民間組織(NGO)であるアジア眼科医療協力会(AOCA)は1971年から発展途上国で日本人によるアイキャンプ活動を行っている。目的:ネパールの山岳地帯とインド僻地で行われたアイキャンプ活動の比較。対象と方法:ネパールのボジュプールに眼科医6名を含む12名が2007年に,インドのダラムサラに眼科医4名を含む8名が2008年に派遣された。ボジュプールでは学校を仮設診療所として外来診療,眼鏡処方,白内障手術を行った。ダラムサラでは結核病棟のみの小病院で外来診療と白内障手術を行った。結果:ボジュプールでは778名の診察,200例の眼鏡処方,61眼の手術を行った。ダラムサラでは約400名の診察と77眼の手術を行った。いずれの地でも限られた医療資源で,適切な眼内レンズを使った白内障手術が実施された。結論:AOCAによるアイキャンプ活動は,人的支援の観点から有意義である。

Bitwayの閉鎖にともない、
PPV(ペイ・パー・ビュー)サービスはしばらくの間、
別の方法で対応させていただきます。
こちらからお申込みください。


英文概要表示/English

プリペイドログイン
プリペイド契約の方はこちら

法人ログイン
法人契約の方はこちら

掲載号へ
【推奨環境】ブラウザ:IE6以降 
論文1件閲覧するに当たり,価格: 1,200円(税抜)がかかります。
Copyright Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.